イビサクリームってアトピーでも使える?口コミを確認してみた

イビサクリームってアトピーでも使える?口コミを確認してみた

 

 

イビサクリームって、
アトピーでも使えるの!?

 

 

イビサクリームといえば、
デリケートゾーンを中心に、
黒ずみをケアするクリームで人気です。


 

 

そんな人気のイビサクリームですが、
アトピーでも使えるのでしょうか?

 

 

アトピーの状態って、
肌が極限まで弱っているので、
黒ずみをケアしたくても、
化粧品の成分が合うのか
心配な部分がありますよね。

 

 

そこで今回は、
イビサクリームを使った人達の口コミから、
アトピーでも使えるのか?
といった事を調べてみました。

 

 

アトピーに使った人達の口コミはある?

 

では早速、アトピーの人が、
イビサクリームを使っているのか?
といった事を口コミから調べてみました。

 

 

その結果・・・

 

アトピーで使っている人はいない

 

という結果になってしまいました・・・

 

 

 

私も、色々と口コミを見て、
色々と探してみたのですが、

 

「アトピーの人が、
イビサクリームを使った」

 

という口コミはありませんでした。

 

 

「アトピーでも使ったことがある」
なんていう口コミがあれば、
リアルな使い心地がわかったので、
参考になったんですけどね。

 

残念ながら、口コミからでは、
イビサクリームがアトピーに使えるかは、
わかりませんでした。

 

 

成分から見るとどうなのか?

 

口コミからでは、イビサクリームが
アトピーに使えるのかは、
わかりませんでした。

 

 

そこで、イビサクリームの成分から、
アトピーでも使えるのか?
といった事を考えてみました。

 

 

イビサクリームの保湿成分を確認

 

アトピーの場合、
肌表面を覆う肌バリアが壊れていて、
肌内部の保湿成分が蒸発しています。

 

その為、化粧品の成分が、
肌の奥深くに届いてしまい、
それが神経を刺激して、
赤みやかゆみが出てしまいます。

 

 

 

その為、アトピーの症状を和らげるには、
肌に優しい保湿成分を与える事が重要です。

 

 

イビサクリームに入っている保湿成分は、

 

・ヒアルロン酸
・シロキクラゲ
・乳酸ナトリウム
・ローズ水
・ヘキサンジオール
・グリセリン
・ペンタンジオール
・BG

 

といった、
保湿成分が入っています。

 

 

 

これらの保湿成分は、
どれも肌に優しく低刺激です。

 

 

その中でも特に注目すべき成分が、
グリセリンになります。

 

 

実はグリセリンには、
高い保湿作用があるだけでなく、
アレルギーを抑制する働きもあります。

 

その為、敏感肌でも使えるくらい
安全な保湿成分となっています。

 

 

更に、グリセリンは、
「ヒアルロン酸との相性が良い」
とも言われているので、
より保湿効果を高める事が可能です。

 

 

だから、
このような保湿成分の働きを考えると、
イビサクリームは、
アトピーでも使える可能性があります。

 

 

無添加で肌への刺激を最小限に抑える!

 

イビサクリームには、

 

・着色料
・合成香料
・パラベン
・鉱物油
・アルコール

 

といった添加物が不使用なので、
赤ちゃんでも使えるくらい、
肌に優しい作りとなっています。

 

 

 

その為、アトピーのような、
肌が弱い状態であっても、
使う事は可能でしょう。

 

しかも、口コミを見ていると、
「肌にすぐに馴染んで使いやすい」
といった口コミが多い事からも、
肌への刺激は最小限に抑えられるでしょう。

 

 

イビサクリームは返金保証付き!

 

イビサクリームは、
成分効能から見ると、
アトピーであっても、
使える可能性はあります。

 

しかも、添加物も不使用なので、
肌への刺激も最小限に抑えられます。

 

 

更に、イビサクリームには今なら、
28日間返金保証が付いています。

 

 

 

その為、イビサクリームを使って、
万が一、肌に合わなかった場合は、
この制度を利用すれば、
金銭的リスクがほぼゼロになります。

 

 

だから、イビサクリームを使ってみて、

 

・肌に合わなかったら返金申請
・問題なく使えたら継続

 

といったように使い分ければ、
損をする事はほとんどないと思います。

 

 

まとめ

 

今回は、イビサクリームは、
アトピーでも使えるのか、
口コミから確認してみました。

 

 

残念ながら、口コミでは、

 

「アトピーの人が、
イビサクリームを使った」

 

といった口コミはありませんでした。

 

 

それでも、イビサクリームに入っている
成分から確認すると、

 

・肌に優しい保湿成分
・添加物不使用

 

となっていて、
肌への負担は最小限に抑えられるので、
アトピーでも使える可能性があります。

 

 

 

ただし!

 

 

 

アトピーの場合、どの成分によって、
アレルギー反応が起きるかわかりません。

 

だから、過去に、
「アトピーで使えなかった」
という化粧品と同じ成分が、
イビサクリームに入っている場合は、
同じく使えない可能性があるので、
まずは成分内容を確認してから、
使えるかどうかを判断するべきでしょう。

 

 

 

以下に、イビサクリームの
全成分を載せておくので、
確認してみてください。

 

もし問題なさそうで、
購入を検討する場合は、
最安値情報をまとめたので、
コチラの記事も読んでみてください。

 

デリケートゾーンの黒ずみに対する
口コミを知りたい場合はコチラ

 

 

イビサクリームの全成分

 

【有効成分】

  • トラネキサム酸
  • グリチルリチン酸ジカリウム

 

【その他の成分】

  • ヒアルロン酸ナトリウム(2)
  • シロキクラゲ多糖体
  • シクロヘキサンジカルボン酸ビスエトキシジグリコール
  • ローズ水
  • 乳酸ナトリウム液
  • サクラ葉抽出液
  • オウゴンエキス
  • カモミラエキス(1)
  • ダイズエキス
  • メチルフェニルポリシロキサン
  • 1,3−ブチレングリコール
  • ポリアクリル酸アミド
  • 1,2−ペンタンジオール
  • 軽質流動イソパラフィン
  • グリセリンモノ2−エチルヘキシルエーテル
  • グリセリン脂肪酸エステル
  • グリセリン
  • ポリオキシエチレンラウリルエーテル(7E.O.)
  • 1,2−ヘキサンジオール
  • エデト酸二ナトリウム
  • フェノキシエタノール
  • 精製水