イビサクリームでニキビ跡と戦い続けた結果は?口コミを調べてみた!

イビサクリームでニキビ跡と戦い続けた結果は?口コミを調べてみた!

 

 

イビサクリーム
ニキビ跡に使い続けるとどうなる!?

 

 

 

イビサクリームといえば、
デリケートゾーンの黒ずみを
ケアするクリームで人気です。


 

 

そんな人気のイビサクリームですが、
ニキビ跡にも使えるのでしょうか?

 

 

基本的に、ニキビ跡も、
デリケートゾーンの黒ずみも、
メラニン色素によって出来るので、
普通に使えそうな気はしますよね。

 

 

そこで今回は、イビサクリームを
ニキビ跡に使った人達の口コミから、

 

"ニキビ跡にも効果があるのか?"

 

といったことを調べてみました。

 

 

ニキビ跡に使った人達の口コミは?

 

では早速、イビサクリームを
ニキビ跡に使った人達の
口コミを見てみましょう。

 

 

デリケートゾーンに使っていたのですが、
ニキビ跡にも使ってみました。

 

使って2週間経つのですが、
ニキビ跡が薄くなった気はしません。

 

デリケートゾーンの黒ずみも、
薄くなるまでに2ヶ月ぐらいかかったので、
やっぱり、それくらい使わないと
効果はないのかもしれません。

 

もう少し使い続けてみようと思います。

 

バストトップの黒ずみが気になっていたので、
イビサクリームを使っていたのですが、
ニキビ跡ができてしまったので、
ついでに使ってみました。

 

使ってみた感じとしては、
1ヶ月ぐらいでは何も変わらず、
3ヶ月使い続けて、
やっと少し薄くなったかな?
という程度でした。

 

それでも効果は実感できているので、
このクリームはなかなか良いですよ♪

 

イビサクリームを半年間、定期便で使い続けて、
4ヶ月ほどでVラインの黒ずみが薄くなったので、
余った分をニキビ跡に使ってみました。

 

私のニキビ跡の場合、結構濃いのですが、
範囲は小さいので、1本のイビサクリームでも、
2ヶ月以上使えました。

 

だから、2ヶ月分のクリームで、
4ヶ月以上、ニキビ跡に使えました。

 

結果としては、使い続けて3ヶ月経つぐらいから、
ニキビ跡が薄くなったのがわかりました。

 

Vラインの黒ずみもそうでしたが、
やっぱりこういうのは3ヶ月以上使い続けると、
大体効果を感じられるみたいです。

 

余った分でニキビ跡がケアできたのは、
かなりよかったです☆

 

 

上記の口コミが、イビサクリームを
ニキビ跡に使った結果になります。

 

 

ニキビ跡に使う場合は、
みなさん、ついでに使っているようでした。

 

確かに、イビサクリームのメインは、
デリケートゾーンの黒ずみなので、
ついでに使うのもわかります。

 

 

そして、口コミを見ると、
ニキビ跡にイビサクリームを使った場合、

 

・短期間では効果なし
・3ヶ月以上で効果を実感しやすくなる

 

といった感じになるようです。

 

 

 

口コミを見ても、
イビサクリームを
デリケートゾーンの黒ずみに使った場合、
3ヶ月以上使い続ける事で、

 

「黒ずみが薄くなった」

 

という効果を実感している人が多くいます。

 

 

デリケートゾーンの黒ずみと、
ニキビ跡のシミは、
原因が同じなので、
この事を考えると、やっぱり、
薄くなるまでに時間が掛かりますね。

 

 

なぜニキビ跡や黒ずみのケアは時間が掛かるのか?

 

口コミから見ると、
デリケートゾーンの黒ずみや、
ニキビ跡にイビサクリームを使うと、
薄くなるまでに3ヶ月以上掛かります。

 

 

では、なぜ、このように、
ある程度の時間が必要なのでしょうか?

 

 

デリケートゾーンの黒ずみや
ニキビ跡ができるのは、
肌の奥深くに、
メラニン色素が沈着する事が理由です。

 

 

 

そして、
このメラニン色素を薄くするには、
肌の入れ替わり機能である、
ターンオーバーが必要です。

 

 

ターンオーバーとは、
肌の奥深くで新しい肌細胞が生まれて、
それが古い肌を押し上げることで、
古い肌が剥がれ落ちて、
キレイな肌に入れ替わる作用の事です。

 

 

 

デリケートゾーンの黒ずみやニキビ跡も、
このターンオーバーによって、
色素沈着した肌が剥がれ落ちることで、
徐々に薄くなっていきます。

 

 

 

 

ただし!

 

 

実はターンオーバーには、
年代別に周期があって、

 

・20代:約28日
・30代:約45日
・40代:約60日
・50代:約75日

 

といったように、
肌が入れ替わるには、
最低でも1ヶ月掛かります

 

 

 

しかも、ニキビ跡や
デリケートゾーンの黒ずみは、
1回の肌の入れ替わりで消える事はなく、
何度も繰り返す事で
徐々に薄くなっていくのです。

 

 

だから、ニキビ跡や、
デリケートゾーンの黒ずみは、
イビサクリームを使っても、
口コミに書いてあるように、
薄くなるまでに3ヶ月以上掛かるのです。

 

 

イビサクリームの成分はニキビ跡にどう働く?

 

口コミを見ていると、
イビサクリームを使えば、
3ヶ月以上の時間は掛かりますが、
ニキビ跡もケアしてくれます。

 

 

では、イビサクリームの、
どんな成分がニキビ跡に
力を発揮するのでしょうか?

 

 

シミのケアに有効なトラネキサム酸!

 

イビサクリームの一番の特徴として、
トラネキサム酸があります。

 

トラネキサム酸といえば、
"美白効果がある"と厚生労働省から
認められた成分として有名です。

 

 

 

この成分は特に肝斑に有効で、
"プラスミン"という、
炎症を発生させる物質の
働きを抑えてくれます

 

 

ニキビ跡が発生する仕組みとして、
ニキビの炎症が悪化することで、
その炎症から肌を守る為に、
肌がメラニンを作り出して、
それがニキビ跡となります。

 

 

 

 

 

が、しかし!

 

 

トラネキサム酸には、
このプラスミンの
働きを抑える力があるので、
これによって、
メラニンが作られる大元が抑えられて、
ニキビ跡を防いでくれるのです

 

 

 

 

グリチルリチン酸2K

 

グリチルリチン酸2Kには、
抗炎症作用があります。

 

 

ニキビ跡ができるのは、
赤く腫れたニキビの炎症が
悪化することが原因です。

 

 

その為、
グリチルリチン酸2Kによって、
ニキビの炎症が鎮まることで、
メラニンの生成を未然に防いで、
ニキビ跡の予防につながります。

 

 

 

 

4種類の植物エキスで美白をサポート

 

イビサクリームには、
ニキビ跡予防の為の有効成分以外にも、

 

・サクラ葉エキス
・カモミラエキス
・ダイズエキス
・オウゴンエキス

 

といった、
4種類の植物エキスが入っています。

 

 

 

これらの成分には、
メラニンの生成を抑えて、
シミやそばかすを防ぐ働きがあります。

 

 

その為、この4種類の植物エキスが、
2つの有効成分に加わる事で、

 

・2つの有効成分で黒ずみの大元を抑える
・抑えきれなかった大元のメラニン生成を防ぐ

 

といったように、
上記の有効成分をサポートすることで、
更にニキビ跡をケアする力を高めています

 

 

口コミでイビサクリームを使って、
「ニキビ跡が薄くなった」
と効果を実感した人たちは、
これらの美白成分が
力を発揮したおかげでしょう。

 

 

まとめ

 

今回は、イビサクリームを
ニキビ跡に使っても効果はあるのか?
といったことを
口コミから確認してきました。

 

 

再度、口コミ内容をまとめると、
イビサクリームをニキビ跡に使った場合、

 

・短期間では効果なし
・3ヶ月以上で効果を実感しやすくなる

 

といった結果になっています。

 

 

だから、もしあなたが、
ニキビ跡に対して、
イビサクリームを使う場合は、
焦らずにケアし続けると、
嬉しい結果が出るかもしれませんね^^

 

 

 

そんなイビサクリームの、
購入を考えている場合は、
最安値情報をまとめたので、
コチラの記事も必ず読んでください。

 

さもないと損をすることになりますよ!